「そんな子に育てた覚えは無い」と「親の顔が見たい」

Pocket

「そんな子に育てた覚えは無い」と「親の顔が見てみたい」

どちらが正しいか?

答えは、「親の顔が見てみたい」だ。

「そんな子に育てた覚えは無い」は、例えると、
誰かの頭を叩いたとき、「どうして、お前の頭は、私の手に当たってくるんだ!」
と怒っているのと同じこと。

スポンサード リンク

そんな子供に育てたのは、「そんな子に育てた覚えは無い」と言っている人以外にはいない。

その子は、本当に、「そんな子」呼ばわりされるような子供なのか?
その子は、「そんな子」呼ばわりされる子供ではなく、親が勝手にそう感じているのかもしれない。

もし、誰が見ても、「そんな子」呼ばわりされるような子供だったとしたら、次のように問うてみることだ。
自分のどのような接し方が、子供をそのようにしてしまったのか?

子供に責任の全てを負わせるのは、かわいそう過ぎる。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です