他人に厳しく、自分に甘い、は・・・・ウソ

Pocket

不平不満を話す中で、

「あの人は、『他人に厳しく自分に甘い』」という言葉を、

口にしたり、耳にしたりすることはあると思います。

 

でも、その言葉は、真実を語れていないような気がします。

 

そんな話を、もう少し詳しく聴いてみると、

雰囲気としては、次のような文脈になっていることがとても多いと思います。

Bさんが言いました。

だって、Aさんは私に、「時間を守りなさい!」ってうるさく言うくせに、自分はどうなのよ!この前、「自分の机を綺麗にしてね」って頼んだのに、相変わらず汚いままじゃないの!

 

この文章を何度か読んでみると、

●Aさんは、『時間を守る』ということを大切に考えている

●Bさんは、『整理整頓』ということを大切に考えている

ということに気が付くと思います。

 

つまり、それぞれが大切だと思っていること(大切にしている価値観)は違うという事になります。

スポンサード リンク


Bさんが、Aさんの視点に立って、Aさんの行動を見たとき

・Aさん自身が時間にとても厳しく行動している

ということに気が付くと思います。

 

逆に、Bさんが、Bさんの視点に立って、Aさんを見たとき

・Bさんがそのことにルーズだ

と感じる以外に、

・実は、Aさんがそのことを疎かにしたとしても、同じように寛大な対応をとっていた

ということに気付くのではないかと思います。
でも、Bさんは、そんな時、自分で自分自身を戒めているので、

Aさんがそのことに対して寛大であることに気付けないのではないかと思います。


だから、『他人に厳しく自分に甘い』という言葉には、

今ここで、ガセビアの沼(?)にでも沈んでもらってはどうかと思います。

 

「他人に厳しく自分に厳しい」、そして「自分に甘く他人に甘い」

この言葉を頭の片隅にでも留めておくことは、

今まで受け入れることが出来なかった色々なことの意味を、

理解することを手伝ってくれるかもしれません。

 

【補足】

「相手が他人に厳しく要求している」とあなたが感じること

それをゆっくり見つめてみると、

相手の苦しみを理解することを手伝ってくれるかもしれません。
あなたが、他人に対して苛立ちを感じたり、厳しくしてしまうこと

それをゆっくり見つめてみると、自分自身の苦しみの理由に気付き、

そこから開放されることを手伝ってくれるかもしれません。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です