読むカウンセリング > トピックス > 禅(座禅)を始めたきっかけ

禅(座禅)を始めたきっかけ

Pocket

人の悩みは、自分の中のイメージ現実とのギャップにあるのだろうと思います。

そして、「今の自分はダメだけど、この目標を達成したら、ダメな自分ではなくなるような気がする」と、今の自分を否定して、ダメな理由を探したり、目標を探してしまうのかもしれません。

スポンサード リンク

このような『悩み』、或いは『悩みという概念』に、

真っ向から立ち向かうのが、

禅(座禅)の『かくのごとく』という感覚なのだろうと思います。

 

悩みの中で、目標を設定して頑張っても、今の自分を否定していては、

例え、過去に設定した目標を達成したとしても、

結局、その時(すなわち、今)の自分を否定して、

過去にそうしたように、『幸せでない理由』『幸せになるための目標』を、

再び探し始めてしまうのかもしれません。

 

何の理由が無くても、今の自分を肯定するためには、どうしたらいいのだろう?」

そんなことを考えていた時、

直感的に「座禅だ!」と思ったのが、私が禅(座禅)を始めたきっかけです。

 

また、この辺りのことは、私がカウンセラーとしてカウンセリングを行っていく上で、

避けて通ることが出来ないことのように思っています。

 

このカテゴリーでは、私が禅(座禅)を通して経験したり、

感じたり、考えたりしたことを、お伝えできればと思っています。

 

※過去の私の座禅体験記は、

カウンセリングルーム「ピュアハートカウンセリング」の中で

ご紹介していますので、のぞいてみて下さい。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です