「依存させる人」と「依存される人」

Pocket

行動のサイクル

人は、「行動のサイクル」を基本にして活動しています。

 

y0003

 

1.自分が感じる

自分の五感によって感じます。

 

2.「自分が感じたこと」に基づいて考える

何かを感じることによって、その感覚に対して対処する必要があれば考え始めます

 

3.「自分が考えたこと」に基づいて行動を起こす

考えたことを行動によって実現しようとします。

 

 

行動サイクルが回し始める目的は、始めに感じた感覚によって生じた欲求を満たすためです。

 

もし、感覚が残っていれば、次のサイクルに入ります。

また、まだ感覚が残っていても、

「まぁ、はじめの感覚によって生じた欲求が、ある程度満たされたかな」

と感じたときは、次の「行動のサイクル」は始まりません。

 

これが基本的な考え方です。

 

これを踏まえて、「依存させる人」「依存される人」の説明を続けます。

 

スポンサード リンク

依存させる人

y0004

「人を依存させる人」は、

他人「行動のサイクル」一部、または、全部

強制的に、自分「行動のサイクル」で置き換えようとします。

 

自分「行動のサイクル」パートを取り上げられた人は、

自分の感覚自分の思考自分の行動力に従って、

「行動のサイクル」を回すことが出来なくなります。

 

このようなことが習慣的に行われる環境で長く過ごしていると

自分の「行動のサイクル」パート欠落してしまいます。

 

その結果、自分一人では、「行動のサイクル」を回すことが出来なくなり

欠落したパートを、他人が補ってくれることを待つようになってしまいます。

 

これが、「依存させる人」によって、「依存させられる」ようになる流れです。

 

依存される人

前項で説明した「依存させられる」ようになった人は、

自分の「行動のサイクル」の中の「機能しなくなっているパート」補ってくれる人

を求める傾向が生じます。

 

そこで、結びつく確率が高いと思われるのは、前項で説明した「依存させる人」です。

 

これによって生じる「依存させる人」「依存する人」との関係は、ある意味バランスがとれている状態です。

 

このような「依存させる人」とは別に、依存されやすいタイプがあります。

(「『自分は依存されやすい』と感じる傾向がある人」と言った方が正確かもしれません。)

 

次の図を見て下さい。

 

y0007

 

過去に、支配者に逆らえなかったことによって、

相手からの要求には、我慢して従う

という反応が、無意識の中にすり込まれてしまう場合があります。

 

自分が我慢していることを隠しているため

他の人には、「頼みごとをしやすい人」と思われてしまいます。

 

そして、何回も頼みごとをされている内に

我慢が限界に達して、「いい加減にしてよ!」と怒りを爆発させることなるのです。

 

感情をぶつけられた人は、それまで我慢していたことなど知りませんから

「突然キレた!?」という印象を受けることになります。

 

以前、私も、時折、そのような状態になることがありました。

 

コントロール出来ない感情に振り回されてとても困っていたので、

何とかして解決したかったのですが、なかなかその理由が分かりませんでした。

 

ずいぶんと長い間考えました。

 

そして、ようやく、気づいたのです。

 

「普通の人は、はじめから我慢などしない」ということに・・・。

 

我慢しなければ何でもないことなのに、

我慢するから、怒りという状態にまで、自分の感情を高めてしまっていたのです。

 

 

 

y0008

 

「依存されやすい」ということを考えている方は、

この「依存させる人」と「依存される人」の説明を参考にしてみて下さい。

 

そして、「依存してくる(と感じる)人」に対して、怒りを感じる傾向があるときは、

私のように「これさえ我慢したら、自由になれる」と思って

何でも我慢してしまう傾向がないかをチェックしてみると何かに気づくかもしれません。

 

Pocket

Comments

  1. このブログを読んで目が覚めました。
    この通りだと思うからです。

    どんなに考えても答えが見つからず 悩んでいました。

    結局 自分の心で感じたことに従えばよかったのかもしれません。

    ありがとうございます。

  2. 私はこの人を傷つけたくないという思いにとらわれて、我慢しなくてもいいことまで我慢していたのですね。これを読んで、楽になりました。
    ありがとうございます。

    1. 少しでも「楽になった」と感じて頂けて良かったです。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です