あの涙です!

Pocket

日テレで放映されているテレビドラマ『赤鼻のセンセイ』の第三話。
幼い少女が流したあの涙が、うつをはじめ、心の苦しさから解放される時に流れる涙です。

ざっと、ポイントだけ書くと次のような感じになります。
(注:セリフなどは正確ではありません)

小児糖尿病の少女と母親。
母一人子一人。
母親は、娘(小学校低学年くらいであろうか)に、自分のことは自分で出来るようにと、強くしつけていた。
そんな母親が、「母一人子一人、これまで支え合って生きてきた。そして、これからも、支え合って生きていく」というようなことを、娘、院内学級の先生、生徒たちの前で宣言します。

これに対して小林聡美が演じる先生が、「お母さん、甘えないでください。こんな小さな子供が、あなたのような大人を支えることが出来ると、本当に思っているのですか?!」と言い、娘に対しては、「子供に戻って良いからね。甘えていいからね」と言う。

その言葉を聞いた娘は、今までの「堪えなければならない」という彼女に覆いかぶさっていた呪縛からようやく解放され、子供らしさを取り戻し、子供らしく涙を流すことができた。

そんな内容でした。

スポンサード リンク

その時の涙、子役の女の子は名演技だったと思います。

催眠療法などおこなっていて、心の苦しさから解放される時に流す涙は、まさに、あのような感じです。

あの涙をしっかり流せば、そのあとに心は晴れ晴れとした状態になります。

日常の生活でもあのような涙を流すことが出来れば、心の苦しさから解放されます。

まずは、イメージできるようになるために、再放送などがあれば、是非、見ておくと良いと思います。

DVDも販売されるようなので、同じような時期にレンタルも開始されると思います。

赤鼻のセンセイ 第3話 予告 の詳細 (第2日本テレビ )

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です