パニック障害のアンケートに関する解説

Pocket

パニック障害

【状態の説明】

「もし、自分がつらい気持ちや身体的な苦痛を感じる状態になったら、誰も助けてくれない」

と無意識の中で思い、一人きりでそれを回避しようと踏ん張ってしまう
そのため、逆に、不安や気になる体調に意識が集中してしまい、

精神的身体的に混乱させてしまった状態に陥ってしまう

【原因となる子供の頃の体験や状況】

何かつらい思いや怪我などの痛い経験などをしたあとで、

最初に親に出会ったとき、親に癒して(抱きしめて)もらえずに、

逆に、責められる頻度が高かった

 

【本当に求めていたもの、そして、求めていること】

つらくなった自分を責めないで欲しい

 

つらいときに抱きしめてもらい、嬉しいときに抱きしめてもらい、

何でもないときに抱きしめてもらうこと

 

 

助言

  • この世の中、辛いとき・困ったときに助けてくれる人は結構いること、責める人はそんなに多くないとを知る
  • 「助けて・・・」と言えば助けてくれる人は結構いると知る
  • 仮に、「助けて・・・」と言えずに倒れこんだとしても、助けてくれる人も、結構いるもの

 

そして、もし、助けようとしてくれる人に出会ったら、

「大丈夫だから、放っておいて」とは言わず

「ありがとう、助かりました」と言ってみると、

何かが変わると思います。

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です