神への挑戦?英研究機関がDNA操作でヒトと牛のハイブリッド児の生成認可を政府に申請

Pocket

英研究機関がDNA操作でヒトと牛の合いの子を作りたいと言っているという記事

同研究所ではヒトのDNAを牛の卵子に組み込むことによってヒトと牛の両方の遺伝的性質を持つ胚を生成。この遺伝子操作によって作られた胚をパーキンソン病やアルツハイマー病の研究に利用したいとしている。
【詳細記事】
Technobahn – その他: 神への挑戦?英研究機関がDNA操作でヒトと牛のハイブリッド児の生成認可を政府に申請

スポンサード リンク

心理関連の話題ではないのだが、ちょっと感じるものがある・・・。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です