自殺予防教育

Pocket

自殺防止教育を本格化させるという記事を読みました。

■自殺予防教育を本格化 文科省、月内にも研究会

簡単に書くと、自殺対策基本法 (平成18年 6月21日 公布)を受けて、文部科学省が、本格的に動き出すという内容です。

この記事を読んで、少し違和感を覚えました。

死にたいほど苦しい気持ちにさせた挙句に、

『死なないことを強要する環境を整えようとしている』ように思えたからです。

どうも、『自殺はいけない』ということに意識が向きすぎているように思います。

スポンサード リンク

「自殺は良い」と言っているのではありません。

「自殺を考えるほど、苦しい気持ちにさせない」というように、『心の苦しみ』を主とした対策を考えた方が良いのではないか

と思っているということです。

 

この心の苦しみを、社会的な問題意識に基づいて切り出して、

個別に対策しようとしてしまうと、

心の苦しみという ものが分からなくなってしまうように思います。

(ニート対策、少子化対策、児童虐待対策、ドメスティックバイオレンス対策、不登校対策、社会的引きこもり 対策、いじめ対策、うつ病対策・・・、これら先も、学者・評論家・役人が問題と認識したことに対し、次から次へと新しい対策をしていかなければならなくな るように思えるのです。)

 

この『その時々に気になる事を切り出して、問題化していく傾向』は、

人が悩みの渦に巻き込まれてしまった状態に酷似しています。

 

日本は、今、「人の心が理解できない」という大きな悩みの中にあるということなのかもしれません。

 

【自殺予防関連の政府系ページ】
「自殺予防に向けての提言」(平成14年12月 厚生労働省 自殺防止対策有識者懇談会)
■自殺対策基本法案 議案審議情報 (平成18年 6月21日 公布)
■自殺予防対策支援ページ(国立精神・神経センター 精神保健研究所)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です