読むカウンセリング > その他 > 軽いタッチで、金魚のちょっとしたフンを、ちょっと吸いだす装置

軽いタッチで、金魚のちょっとしたフンを、ちょっと吸いだす装置

Pocket

今回は、心理ではなく、ちょっと、趣味がらみのことを・・・。

水槽を眺めながら、「あのフンを、ちょっと取り除きたいんだけど、水換えをするのは面倒だし・・・、まっ、いいか・・・」とスッキリしない気持ちのまま放置することってありませんか?

そんなあなたに朗報です!

っていうか、そんな私に朗報で、嬉しさのあまり、そんな皆さんにも教えてあげようとブログに投稿しています。(笑)

画期的な装置が完成しました!

スポンサード リンク

装置といっても、手作りのとても簡単なものです。もしかしたら、同様のものが売られているかも知れませんが、自分で作ればかなり安くつくと思います。

材料はペットボトルとビニールチューブだけ。

作り方は、ペットボトルに、ビニールチューブよりも少し小さめの穴を2つあけます。次に、ビニールチューブを短いものと長いものを別々の穴に差し込みます。これだけ。

「簡単じゃないかぁ~!?」

チューブの長い方を水槽に入れ、短い方に口を付け息を吸いこむと、金魚のフンを口の中に吸い込むことなく、ペットボトルに吸いだすことができます。

「軽い気持ちで、金魚のフンをちょっと吸い出したい!」、そんな気持ちを満足させてくれる一品です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です